MBSのプロフィール

MBSは、グローバルなビジネス展開を目指す金融機関に、最適なソリューションを提供するために日本やシンガポールで設立されました。私たちのソリューションは、 企業にとって何が重要であるかを理解し、アジア地域でのビジネスチャンスと課題において、業務の合理化やサポート、情報システムの最適化などを可能にする独自の方法論により提供しています。

  • 業務視点のITソリューション提案であること。
  • お客様のビジネスセンスや知識を大切にすること。
  • 技術革新と優位性への探求心を忘れないこと。
  • 幅広い視点で期待に応え続けること。
  • 総合的な知識や経験を活用すること。
  • 信頼されるパートナーネットワークを提供すること。

MBSパートナーとの連携

MBSは、様々な分野のトップ企業と提携し、強力なビジネスパートナーシップを構築。各分野の専門知識を活用して、多様なビジネスソリューションに対応することができます。

  • システム・インテグレーション
  • ハードウェア/ソフトウェア
  • 監査/諮問
  • 金融業界向けシステム
  • 情報通信
  • ファシリティ/インフラストラクチャー

協力会社12社と250名のスペシャリストが結集し、迅速性、先進性、コストパフォーマンスに優れた実績のあるビジネスソリューションを提供します。

12社のパートナー企業と250人のスペシャリストによる連携

社会貢献活動

社会貢献活動イメージ  

ユニセフを通して、世界中で助けを必要としている子供たちを支援したい。
スタートしたばかりの小さな企業に、十分な寄附ができないことは分かっています。しかし、MBSは社会貢献に設立当初から努めていきたいと思っています。私たちのビジネスはイノベーションです。そして、イノベーションを成し遂げるために最も重要なものは「食事」です。 私たちは、子供たちの飢えが少しでもなくなることで、未来のイノベーションを創りだすことができると考えています。

武仁守 北斗路のBackground

aaa
  • プロフィール

専門:産業工学、コンピュータサイエンス、経営学。
26年間のIT経験と10年間の金融業界での経験をもとに
日本で19年間活動。
ブラジル、アメリカ、日本でIT企業の経営に関与。
過去10年間は、ピクテ投信投資顧問(株)でIT部門を牽引。
日本語、英語、フランス語、ポルトガル語に精通。
1966年サンパウロ生まれ。2004年、日本に帰化。




代表取締役
武仁守 北斗路
(ムニスペドロ)

  • メッセージ

私が初めてITソリューションの業務に携わったのは1983年のことでした。それから四半世紀、様々な国、様々な地域で、経営や業務改善に取り組んでまいりました。そして2010年2月、MBSビジネスソリューション株式会社を設立。これまでの経験と知識を生かし、金融機関を始めとし国際的に事業を展開しているお客様に、業務の合理化、情報システムの統合・実践、そして実用に即したITガバナンス、BCP/DRP、内部統制計画の確立といったサービスを提供しています。まだ若い会社ですが、当社は革新的なアプローチによる、国内外の業務とIT戦略の促進・調整を強みとしていると自負しております。

私たちの使命は、顧客やパートナー企業はもちろん、社会に対しても付加価値を創り出すことです。